新幹線N700系






速さ
★★★★★
乗り心地
★★★★★
静粛性
★★★★★


N700系は、2007年から製造され、マイナーチェンジを経て現在まで制作される、東海道山陽新幹線の新型。起動加速度は新幹線としてはかなり弾丸な2.6km/h/sスタートで最高速度300km/h(東京〜新大阪間の最高は270km/h)。
いやもうデフォと言っても過言でないでしょう。
当方普通車に乗車しましたが、東海道山陽新幹線で活躍する5列指定席は、シートの形が体格にあっていてとても良かったです。小倉東京間、5時間弱でしたが軽くおしりが疲れる程度で他は全然気になりませんでした。ただ、窓が小さく通路席も経験しましたが景色があまり見えないという難点があります(-_-;)
ただ窓際だと気になりませんし、コンセントや窓上のクーラー吹き出し口もあってか居心地が良いです。
他気に入った点箇条書くと、
・フルカラーの電光掲示板で、文字も大きくニュースや広告が見えやすい
・一部のトイレが車椅子対応で広く作られている
・揺れや騒音が少ない
・車体傾斜システム搭載によりカーブでより早く(従来255km/h制限のあったカーブを270km/hで走れる)、また所要時間短縮にもつながって、カーブの多い東京〜新大阪間で従来と比べ5分短縮しているもよう。
・なんといっても喫煙所排煙が充実していて景色が見える(笑
等、イイトコロづくしのN700系の九州新幹線車は更に驚くことに、

 普通車指定席がワイドな4列仕様じゃまいか!!

グリーン車レベルの座り心地で、同行の友人と缶ビール飲み干し、ぐっすり寝落ちるという記憶しかありません(笑)
そんなN700系にはさらなる活躍を期待しています!

2015/04/05改訂