485系




評価
速さ
★★★☆☆

乗り心地
★★★★☆

静粛性
★★★☆☆

こちらも名車。雷鳥といえばこの形。今の特急の基本と言っても過言でないと思います。しかし昭和中後期誕生のため老朽化。抵抗制御で最高速度は120`とサンダバとかに比べてしまうとどうしても見劣りがでてしまうという... 追い打ちを掛けるように683系増備で 西日本からは引退してしまいました。(北越等東日本ではまだ生き残っています
車内はもちろんデッキ付き片開きドアですがさすがに通年全自動で開閉してくれますw中に入るとそこは座席が整然と並んでいると(当然
当時は画期的だったのかもしれませんが今は当然。これが時代の流れなのですな

雷鳥81号で昔福井まで行ったことあるのですが席がふわふわしていたような記憶があります。車内放送冒頭に「鉄道唱歌」の一節がオルゴールで流れてきて風流だなぁとか思ってましたがw

→北越等、他の485系はコチラ


2014/5/1改訂