HUMAN BOOT PROJECT Interview with PISTOL JAZZ [Written in Japanese]






今回コラボが実現し、リミックスをさせて頂いた高知の3ピースインストバンド「PISTOL JAZZ」さん。海外でも高い評価を受けるその魅力にせまるべく、メールインタービューをお願いしました。





【HUMAN BOOT PROJECT (以下HBP)】 早速ですが、バンドの簡単な略歴をお願いします。


【PISTOL JAZZ】2008年1月に結成しセッションを重ねオリジナル曲を作ってきました。人に聴かせるつもりではありませんでしたがその音源を聴いた高知のバンド関係者の勧めで2009年1月より高知市を中心にライブ活動を開始し現在に至ります。ITを利用したプロモーションも活動当初から行ってましたので、海外のファンの獲得に繋がったと思います。


【HBP】僕も含めPISTOL JAZZの虜になる人が続出ですが、海外でも高い評価を得る魅力とはなんでしょう?


【PISTOL JAZZ】やはり言葉の壁がないインストというスタイルでしょうか。歌(言葉)での表現が出来ないコンプレックスを逆手に取り、音にぶつけた感情やエネルギーがストレートに伝わったからではないでしょうか。


【HBP】基本的には3ピースのバンドサウンドで構成されていますが、最近の楽曲の中にはシェイカーなどを取り入れていますね?


【PISTOL JAZZ】見た目とギターのサウンドがハードなためロックバンドというイメージが強いかも知れませんが実は60年代のヨーロッパのジャズやサントラが大好きでドラムにはラテンジャズ系のリズムを多く取り入れていて元々パーカッションが入ることを想定しています。また意図的にジャンルとしてのロックを感じさせないアレンジを心がけています。


【HBP】今回のリミックスや、ライブでのダンサーとのコラボなど積極的に他アーティストとコラボレーションしていっていますが、どんなところにコラボの面白さを感じますか?


【PISTOL JAZZ】違うジャンルのアーティストとのコラボはお互い緊張感と興奮の中で予想不能な瞬間瞬間を動物的本能で乗り越え、想像を超えたミラクルが起きる可能性を大きく秘めているという所が最大の魅力でしょうか。それはメンバー3人でのセッションでも十分起こり得ることですが、コラボでは3人だけでは不可能な未知の可能性があると信じています。


【HBP】ちなみにリミックスする側としては原曲と大きく違う解釈になる事も多く、意図してもらっていたモノと違うのではないかという不安があったりしますが、その辺りの許容範囲はどれくらいでしょう(笑)?


【PISTOL JAZZ】原曲と違った魅力を引き出すことがリミックスの魅力だと思いますから、原曲を聴いてインスピレーションを受けたのならそれが大きく原曲とちがっても良いと思います。自分が作曲するときも同じですが、許容範囲というか基準は出来た音がかっこいいかかっこよくないか。だけですね。それに意図していた通りでは意味がありません。自分の想像を超え、まず自分自身が驚くことのできるもの、かっこいいと思えるもの。それを期待しています。


【HBP】PISTOL JAZZはライブバンドという印象が強いのですが、今回のリミックスの様に音源でのリリースも積極的に行っています。そのどちらに魅力を感じていますか?


【PISTOL JAZZ】ライブでは即興部分も多く高揚や陶酔感、時にはアクシデントから生まれる”無意識の音の生まれる瞬間"を体感できるし、音源ではオーバーダビングによりライブでは再現できないアレンジを聴かせることが出来ます。ライブを見た人がCDを欲しい、CDを聴いた人がライブを見てみたいと思えるものをつくりたいです。僕はどちらにも魅力を感じていますが、やはりピストルジャズはライブバンドなのでライブをしたいですね。


【HBP】ちなみに現在、PISTOL JAZZの音源は無償での提供をしていますが、今後もこの形を維持していくのでしょうか?

【PISTOL JAZZ】現在の音源は販売できるほどのクオリティーのものではないので無償での提供を続けます。自分が生きた証が音として存在することをより多くの人に知ってもらえるならそれはお金以上の価値があると思います。


【HBP】最後に今後のPISTOL JAZZについて教えてください。


【PISTOL JAZZ】今後も魅力のあるアーティストの方とのコラボはライブでも音源でもどんどんやって行きたいです。歌のある曲の音源製作も考えてます。高知だけではなく色んなところでライブもやりたいし、まだ公表できない色んな計画もたくさんあるので、とにかく今やりたいことをひとつひとつ成し遂げていく。その繰り返しですね。それと、ジジイになってもピストルジャズをやっていたいですね。





ライブに音源制作に忙しい中、インタビューにも答えて頂いてありがとうございます。PISTOL JAZZさんのブレない強さが、骨太でカッコ良い楽曲の魅力に繋がっているんだなと実感。
そのPISTOL JAZZさんの楽曲をリミックスさせて頂いた「Anaconda (HUMAN BOOT PROJECT Remix)」、いよいよフリーダウンロードで公開です。ぜひ聴いてみて下さい!!




HUMAN BOOT PROJECTインタビュー記事
















[←戻る]