413系



ザックリと評価
<いいとこ>
・クロスシートが基本。窓も大きく、景色が良く見える。
・幅広い乗降口でラッシュにも柔軟に対応。不必要な開閉の無いよう、半自動扉モードも搭載
・乗降口横には風よけ板があり、立客と掛け客がぶつからないような意外なメリットが
<ここが改善の余地ありかな>
・デッキレスなので冬場は他車と比較すると寒め。
・車高的にどうしてもホームとの段差ができる
・521系とも連結できるようにインバータ化改造は…しないか^^;



五段階評価

高速性
★★★☆☆ …最高100km/h

乗り心地
★★★★☆ …モケットの席で疲れ感なし

静粛性
★☆☆☆☆ …台車が古い。

バリアフリー
★☆☆☆☆…乗車時に段差あり。半自動扉時はは手で引くのが重い


413系は国鉄末期に登場した北陸地区の車両です。最高速度は110`だったようなとりあえずサンダバとかに追いつかれぬよう日々頑張っています。
三セク後は富山に行くようで、これからの活躍が期待されます。国鉄末期とは言え他系列の連結を意識したのか足回りがお古なのか知りませんが、制御が抵抗という古き良き車輌が好きな私を興奮させるものであります(大袈裟 走行中はやはり抵抗ゆえ高速時の音が若干耳につく…?キシミとかはそんな無かったような気がします。

車内は、シートがセミクロス配置、ドアは両開き半自動回路付きですが手で引くので結構力がいります。(冬のみ車内保温のための措置なので夏は全自動です)
でも当時両開きデッキレス2ドアは乗降効率が上がったと好評でしたが415や521が登場してからどうなったのかは知りませんw(お察し
座り心地は457そこらと変わりありません。(再利用との噂まであるがいかに・・・)テーブル無くて若干不便か。でも寝てる私には関係ない(ぇ
富山異動後は是非ともボタンを付けてほしい今日このごろ。。ついでにVVVF(ry←ありえn

2014/5/1改訂